【ラーメン】老舗の中華そば「味よし」

ラーメン

老舗の尾道系中華そば「味よし」

平日でも行列が出来るほど人気の中華そば   「味よし」

チャーシュー大盛1000円(税込)

開店時間の11時30分ピッタリに行っても、すでに、いまかいまかと、開店を待ちわびているお客さんが並んでいます。

入口の券売機で食券を購入し、店に入ると、醤油系スープのいい匂いが漂っています。

醤油と魚介の濃いめのスープを一口すすった時の感動を、何度食べに通っても味わえます。

通いはじめて30年以上たった今でも同様です。

そして、1番のお気に入りは、とろとろのチャーシューです。

これが絶品で、一枚一枚ゆっくり、惜しむように味わって食べますが、すぐにチャーシューは無くなってしまいます。

チャーシューが無くなった時の喪失感で、スープの底に沈んでいるチャーシューの欠片を探してしまいます。

追い討ちをかけるたっぷりの背脂、チャーシューが無くなった今、その背油を一粒づつ丁寧に食べていきます。

スープが絡みつく腰のしっかりとした中細ストレート麺まで、あっという間に無くなってしまいます。

もちろんスープも一滴も残りません。

父親との思い出の味

幼少の頃、日曜日になると父親に連れて行かれていました。

デパートの下に店舗があったので、「味よし」に行く時は、デパートで何か買ってもらえるかも?という期待と、「味よし」に行ける!という2倍の楽しみがありワクワクしていた事を思い出します。

学生時代

学生時代は帰宅時のバス停の近くに「味よし」のあるデパートがあり、部活終わりの腹ペコ状態だと、学校帰りについつい食べて帰ってしまいます。

社会人になっても

社会人となった現在も飽きることなく通い続ける老舗の中華そば「味よし」

現在は、デパートの下から東広島へと場所を移してより近くなったので、ますます通っています。

私の不動のNo1中華そばです。

私はチューシュー麺大盛にさらにチャーシューをトッピングして、店員さんにも驚かれます。

広島に来たときには、是非食べてもらいたい1品です。

 尾道系ラーメンの特長と歴史

濃い醤油色の澄んだスープが主流。

鶏ガラと小魚等の海産物を使う店が多く、たっぷりの背脂がアクセントとなっています。

麺は中細麺で腰がしっかりとしています。平麺を使用するお店もあります。

1947年に尾道の屋台で提供していた中華そばが、尾道ラーメンの始まりと言われています。

「味よし」

〒広島県東広島市黒瀬町上保田50-1
TEL0823-82-3956  駐車場有り
平日11:30~14:30 土・日・祝11:00~17:00
※臨時休業の場合があるので遠方の方は要確認です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました