【カップ麺】「雲林坊 汁なし担々麺」食べてみた!

カップ麺

「雲林坊」

東京神田の「雲林」の姉妹店で、東京に数店舗を構えるの名店「雲林坊(ゆんりんぼう)」は、担々麺と麻婆豆腐を気軽に味わえるお店として有名です。

「雲林坊」監修の汁なし担々麺が、2019年9月3日に明星食品よりローソン限定商品のカップ麺となって発売されました。

「明星 雲林坊 汁なし担々麺」

税込248円

見るからに美味しそうなパッケージです。全粒粉入りノンフライ麺とはいったい!?

「全粒粉」通常の小麦粉より栄養価の高い小麦粉だそうです。

つまり、揚げずに乾燥させて作った即席麺(ノンフライ麺)の中に栄養価の高い小麦粉が入っているということですね!

麺をよく見ると黒いつぶつぶとしたものが練り込んであるのがわかりました。

おいしさキ、ラリ☆「明星食品」

「明星食品」は、「チャルメラ」「一平ちゃん」でおなじみの会社です。

開封

パッケージを開封すると、「かやく」、「液体ソース」、「ふりかけ」の3袋が入っています。

「かやく」だけを先に入れて、熱湯を注いで5分間待ちます。600mlとなかなか多めの熱湯がいります。

5分経過したら、湯切りをしっかりとしてください。より一層美味しくなります。

私は、湯切りをした後に電子レンジで30秒ほどチンして、さらに水分を飛ばしています。

「液体ソース」を入れてしっかりとかき混ぜます。

「ふりかけ」を入れてさらにしっかりとかき混ぜます。「ふりかけ」の中身は、花椒と唐辛子でした。

完成 うまそ~

「かやく」の中身は、大粒の豚のひき肉、チンゲン菜、鶏の肉も入っているみたいです。

「ふりかけ」の花椒の香りが食欲をそそります。

いただきます

そして、いよいよ実食です。

中太のやや平たい麺がモチモチとしており、しっかりとした歯応えがとても良い感じです。

タレは練りごまや甜麺醤(テンメンジャン)、麻辣醤(マーラージャン)などの中華でよく目にする調味料が使われています。

よく見ると、苦手な黒酢が使われているみたいですが、全く気にならないどころか、良いアクセントとなっています。

花椒のピリピリ感と、唐辛子のヒリヒリ感が、ちょうどよい具合で辛さが苦手な方でも美味しく完食できると思います。

白ご飯と一緒に食べると最高です。

感想

今回の名店のカップ麺も、クオリティーが高く、非常に美味しく仕上がっていて、248円というのはカップ麺としては高いですが、食事一食と考えると非常に安上がりだと思います。

またまた、本家の「雲林坊」の汁なし担々麺を食べにいきたくなりました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました