【カップ麺】カップヌードル スッポンスープ味 食べてみた!

カップ麺

カップヌードル

世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を作った会社、日清食品が1971年(昭和46年)に発売を開始した世界初のカップ麺です。

言わずと知れたロングセラー商品で、不動の人気を誇る、

「オリジナル(しょうゆ)」の他に「シーフード」や「カレー」味の商品が定番として販売されています。

そんなロングセラー商品のカップヌードルの販売元である日清食品から、「カップヌードル リッチ シリーズ 第1段」として販売されたのが、「カップヌードル リッチ スッポンスープ味」(240円税別)です。

「カップヌードルリッチスッポンスープ味」

見るからに特別感が漂ってくるパッケージは、コンビニで数あるカップ麺の中でも、ひときわ存在感を漂わせていました。

蓋の上には、「魚介香味油」がついています。

お値段も240円(税別)とオリジナルのカップヌードル193円(税別)よりも割高です。

開封

カップヌードルの良いところは、「かやく」を自分で入れなくてもよい手軽さです。

蓋を開けて熱湯を注ぐだけ!

※スッポンスープ味には別袋で魚介香味油がついています。

かやく

具だくさんの「かやく」の中身は、

「味付鶏つくね」、「ねぎ」、「クコの実」、「味付しいたけ」

別袋で「魚介香味油」

「味付鶏つくね」や「ねぎ」が大きめで、「クコの実」の赤が映えています。

熱湯を注ぐだけ!の手軽さをあえて捨てて、別袋の「魚介香味油」をつけるところが、さすがリッチシリーズ!

完成

熱湯を注いで、待つこと3分。

付属の「贅沢仕上げ 魚介香味油」を入れたら完成です。

いただきます

スッポン鍋をイメージし、カツオの和風だしにスッポンの粉末とほんのりしょうがを入れたスープに、付属の「魚介香味油」を入れると、香りが引き立ってきます。

トロミのあるスープが麺になじんで、とても美味しいです。

スッポン?

スッポンスープ味ということですが、本物のスッポンスープの味を思い出せない私は、カツオやサバの風味を感じました。

勉強不足でスッポンの味を感じることはできませんでしたが、うまさに間違いはありません!

今回発売された「カップヌードルリッチスッポンスープ味」は、2016年のブランド45周年記念商品「カップヌードルリッチ贅沢だしスッポンスープ味」として発売されていた商品の復刻版だったようです。

「カップヌードルリッチシリーズ」第2段として発売される。

「カップヌードルリッチフカヒレ味」も是非、食べてみたいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました