カップ麺の 「すみれ 」札幌濃厚味噌を食べてみた!

ラーメンすみれ カップ麺

「すみれ」

昭和39年、札幌の中の島で創業を開始しました。

「純連」と書いて「すみれ」。

「こんなの初めて食べた、すごくおいしい」

開店初日に訪れたお客さんの一言から「すみれ」の歴史は始まりました。

「すみれ」http://www.sumireya.com/main/history/

北海道まで行き、1度は食べてみたいラーメンです。

そんな北海道の名店「すみれ」のラーメンが、カップ麺となりました。

開封 スープは後入れ

ラーメンすみれ

「すみれ 札幌濃厚味噌」 278円(税込)
セブンプレミアムゴールドから発売されています。

すみれ

袋を開けると、液体スープ、粉末スープ、かやくの3袋が入っています。

かやくだけを入れて、熱湯をそそぎ待つこと4分、粉末スープと液体スープを入れて、よくかき混ぜます。

すると、味噌の良い匂いにまじり山椒の香りも漂ってきて、しっかりと混ざり合う前に食べてしまいたくなります。

完成 カップ麺は見た目が

すみれ

よくかき混ぜると、かやくが見えなくなってしまい良い写真が撮れないのが悩みの種です。

かやくのメンマや肉そぼろをこの濃厚な味噌スープから探すのは至難の技です。

麺 ノンフライめん

麺は、しっかりとした歯応えのノンフライ麺。これでもかと言うくらいちぢれていて、心地よい歯切れです。

口コミでは、「すみれ」の麺をうまく再現しているとのことです。

このちぢれ麺が濃厚な味噌のスープにしっかりと絡み合います。

麺を食べるだけでスープが無くなるのでは?と言うくらい麺にスープが絡みます。

スープ 濃厚味噌

スープは、「濃厚味噌」という名前のとおり、見た目にも濃厚でとても美味しそうです。

この濃厚さは、豚骨ベースのスープと味噌がうまく混ざりあった賜物です。

ニンニクや山椒の風味と濃厚味噌の味がしっかりとしていて、気がつけばあっという間に飲み干してしまいます。

具 肉そぼろをさがせ

かやくには、小さいながらもなかなかの歯応えで存在を主張してくるメンマと、濃厚なスープで隠れて見えなくなる肉そぼろが入っており、肉そぼろを探してスープを飲んでいくと、あっという間にスープを飲み干しています。

まとめ

今回のカップ麺は、

「すみれ 札幌濃厚味噌」を食べてみました。

一見、油が多めでこってりしていそうですが、濃厚な見た目のわりにあっさりとしています。

ニンニクや山椒などの香辛料が味をスッキリとさせていて、最後まで飽きさせない美味しさです。

北海道にある本場の「すみれ」に是非とも行ってみたくなりました。

【おすすめ】

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました